<< 3月10日 チベットピースマーチ | main | 4月8日 日中友好粉砕!温家宝首相来日阻止!国会演説粉砕! >>

スポンサーサイト

  • 2007.05.02 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「シーファー駐日米国大使の歴史偽造を糾弾する(米国大使館前)平成19年3月20日

本日3月20日、主権回復を目指す会はシーファー駐日米国大使に抗議する街宣を米国大使館前で行った。

この抗議街宣は、シーファー駐日米国大使が米国議会で3人の朝鮮人売春婦の証言について「売春を強要されたと思う。旧日本軍に強姦されたということだ」と述べたことに対して行われた。主権回復を目指す会はシーファー大使宛に、「慰安婦法案が米国議会を通過した時点で、我々は米国政府に原爆投下、東京大空襲の戦争犯罪の公式謝罪を求めていく」との抗議文を手交した。

シナ・朝鮮と一体となって歴史偽造を煽り、我が国の名誉を汚したシーファー米国大使の罪は重い。シーファー大使は慰安婦強制連行が、シナ・朝鮮の日本に対する精神侵略であることを認識した上での発言である。日本の弱体化のためには、あからさまにシナ・朝鮮と結託したといって良い。

 同盟国の信義を投げ捨てたシーファー大使を日本国民は許さない。米、中、朝が一体となった歴史偽造・精神侵略に敢然と対峙し、この策謀を粉砕しよう。米国の正式謝罪が為さらなければ、我々は日米安保条約の根本的見直しを図らなければならないだろう。


「大使館前でのマイクは使用するな」と警備警察の不当な言いがかり


過剰警備をはねのけマイク街宣の開始


大使館の星条旗、米国はシナと共に日本弱体化を公然と宣言した。


東京大空襲と広島、長崎へ原爆を投下した米国の犯罪を追及する槇 泰智氏


抗議声明の朗読に群がる警備警察


東京大空襲の焼け焦げた死体写真を抗議文に添付する


大使館側に抗議声明を手交する西村代表


アメリカの残虐非道を日本人は忘れない。原爆投下を謝罪すらしない米国が「慰安婦強制連行」など笑止千万だ

スポンサーサイト

  • 2007.05.02 Wednesday
  • -
  • 16:15
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
行動力に敬服。
  • 1945
  • 2007/03/21 10:01 PM
今年も会議に参加する予定でホームページを見たら、米下院で審議されているとんでもない「慰安婦問題」に関する米シーファー大使の発言に対する行動が載っていたので、私のブログにリンクしました。
丁度、昨日のブログで産経の古森義久ワシントン支局長の記事を抜粋転載し、私のコメントを付けたので良いタイミングでした。
米国は同盟国とは名ばかりで、実情は反日国と最近50台半ばに成って思って来た。20代の頃には憧れて米国留学をした私だが、現在の米国大使館の外交には疑問符ばかりが見えて成らない。勿論、拉致問題もその一つだが何しろビザ申請一つにしても資本主義国家の悪い点ばかりが目立ってる。勿論、当該問題視されてる従軍慰安婦の問題もそうだが、シーファー大使等そんな事等何等器にしてないように思える。その証拠に皆さんが大使館に赴いてる頃には一家仲良く高級日本食を食べてるのであり、その中には牛肉のゴボウ巻があったらしい。美味しいと食べながら、そのゴボウを戦時中米兵に食べさせた日本兵(私は貝に成りたいで有名)を戦犯にした癖して何を言ってるのかチグハグではないだろうか。
 アジア全体を植民地として、支配していたのは、米国と先進欧州で有り、売春を経済的に日常的に強要していたのは、貴方が各国で各国で有り、日本軍が強制的に連行をしなくても、家族の為に自らが身を売った人達がいた事を忘れないで欲しい。日本軍は売春婦の人達を大切に扱い女子挺身隊成る物を創設して売春婦に恥をかかせない様に保護をして来た。
 朝鮮人の方で日本軍に強制連行されたと言えば、親や兄弟に恥をかかせずに済むし、本人も心の負担を取り除く事が出来る。
 言って置くが、日韓併合前の朝鮮人民は地獄の様な生活を強いられていた。楽な生活を
していたのは、王族と両班(貴族)のみで、
殺生与奪の権を握り、財産の総てが両班に握られていた。日韓併合後に日本によって工業の発展とインフラの整備が整い、一般人が自由と平等を手に入れる事が出来た。だから両班に取って見れば、これは腹立たしい事に成る。自分で働かない者は、食って行け無く成るからである。だから愛国や独立に名を借りて、義挙なる物を起こし徹底して反日暴動を計画したが悉く失敗した。(一般大衆は両班が支配する社会は二度と経験したくなかった
。)朝鮮人を連行しなくともアジア全体が貧しく娘さんの身売りは、日常茶飯事で有った
。日本の農村でも貧農が多く、各地の農村の
娘さんが身を売らざるを得なかった。
 米国は日本を批判出来ない。日本に進駐した米兵の遣った事を忘れて貰っては困る。
 未成年の純真な乙女を襲い強姦・輪姦など
遣りたい放題で止めに入る親や兄弟を拳銃で脅し、家の中まで押しいる始末、仕方が無いので日本政府は、米軍専用の公娼制度を創設させて、一般の娘さんを護らなければ成らなかった(だが相変わらず娘達への暴行は続いた。)
  • F、M
  • 2009/09/26 11:43 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/03/21 4:48 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/04/16 10:48 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/04/18 11:35 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2007/05/12 3:11 PM
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM